BLOG

手考足思

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

NEWS23のキャスターだった故筑紫哲也さんは
こう言っています。

 

「新聞記者になって10年近く
自分は向いていないと思い続けた・・・」

と。

 

もともと内向的なので、人と会うのが苦手だったそうです。
書く事が好きで新聞記者に入ったのに
記者は人に会って取材をしなければならない。
それが苦痛でしかたがなかった。

でも、手と足を使って10年やっていたら
続けられるかもしれないと思えるようになったそうです。
 

つまり、人間は経験によって変わり得る。

 

ボクがあがりを克服したのも、まさにこれ。

今でこそ、放送で普通に話せるようになりましたが
初めの頃は頭が真っ白になることなんてしょっちゅう!

緊張のしすぎで、マイクのカフ(放送マイクをオンにするレバー)
を上げるのを忘れて、20秒くらい無音だった事もあります。

それでも、手と足で経験を積んでいくと
それなりのラジオパーソナリティーになる(笑)

自分に向いてるかどうか、できるかどうかなんて、
考えるだけムダなんですね。
 

>> 人間は経験によって変わり得る! <<

 

何でもチャレンジした方がいいという
本当の意味はここにありそうです。

……………………………..

※「手考足思」

手で考えて足で思う。
民芸運動の中心人物だった陶芸家、
河井寛次郎さんの言葉。

 

Comments

コメント

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連記事

  1. プレジデント12月18日号
  2. 麻生けんたろう
  3. 麻生けんたろうのメルマガ
  4. 子供の心の掴み方
  5. 麻生けんたろう

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanIndonesianItalianJapaneseKoreanPortugueseRussianSpanishThai

▼麻生けんたろうの最新刊

初対面も、電話も、苦手な人も どんな人の前でもあがらない話し方” width=

初対面の人と話すとあがってしまう・・・そんな悩みを持つビジネスパーソンに向けて、身につけておけば、やがて大きな武器となる聞き方や話し方のスキルを具体例を交えながらわかりやすくご紹介。今話題のスマホ世代の若者に多い固定電話恐怖症を払拭できるノウハウもギュっと詰め込みました。固定電話が苦手、初対面だとなかなか会話が盛り上がらないと悩んでいる方は是非ご覧ください。20年3月12日発売予定。(秀和システム)

『初対面も、電話も、苦手な人も どんな人の前でもあがらない話し方』

▼麻生けんたろうの無料メルマガ

「プロが教える!あと1センチ、相手の心に近づく会話術」

麻生けんたろう100人の前でも緊張しないコツや、初対面でも相手の心を開く「しゃべる技術」、聴衆の関心を惹きつけるプレゼンノウハウなど、大事な人にあと1センチ近づくコミュニケーション術を無料でお届けします。 ご興味ある方はご登録ください。






▼麻生けんたろうのリアルアドバイス

麻生けんたろうがコミュニケーションに関するあなたの悩みにズバリお答えいたします!

今すぐアドバイスを受けたい方はこちら
PAGE TOP