講演中にヤジられた時の撃退法

しゃべる技術

スピーチの最中や講演中に、
客席から「ヤジ」「いいがかり」をつけられると困りますよね。

反論ならまだしも、明らかに悪意のある発言を
今言うべきじゃないタイミンでグされたら、
動揺してあがってしまうでしょう。

語調、内容によっては、場の空気まで一気に変わってしまう。

野次った相手をなんとか静めたい。

そんな時にはどうすればいいのか?

いや、できれば、
野次った相手も静かになり、対処した自分の株も上がる、
そんなカッコイイ対処法はないものか?

 

>> そんな奇跡のテクニックがあるのか?!

>> そんな奇跡のテクニックがあるのか?!

>> そんな奇跡のテクニックがあるのか?!

 

はい、あるんです。

そんな奇跡のテクニックが。

 

その方法とは、ズバリ…

 

 

 

 

「・・・・・・・・・・・・・・・」

 

 

ヤジにあわせて、だまる。

いいがかりの最後の言葉が終わった所で、
丁度ぴったりだまってください。

それまでは、無視して話すのです。

タイミングが重要です。

あなたの言葉とヤジは最初重なっていますが、
終わりも一緒になるようにするのです。

すると、急に場内が”シーン”となるので
ヤジった人は必ず恥ずかしくなります。

これを2回、3回、堂々と続けてください。

たったこれだけで対処できます。
しかも、周りの聴衆者があなたを尊敬するでしょう。

こんな経験、1度はありませんか?

そう、ありますよね。
授業中に騒いでいたら、急に先生が話すのを止めちゃって、
自分の声だけ教室中に響いちゃったことが。

あれは、めちゃくちゃ恥ずかしい。

めちゃくちゃどころか、ウルトラ恥ずかしい。
その心理を上手く利用したテクニックなのです。

私は幸い、講演中には野次られた経験はありませんが、
イベントの司会で1度だけありました。

駆け出しの頃です。
正直、下手くそな自分がいけなかったのですが、
もちろん、この手法でピンチを切り抜けました。

何回もあるわけじゃないし、逆に何回もあっても困りますが、
いざというときには思い出して試してみて下さい。

Comments

コメント


ページ TOP