自己啓発セミナーの餌食にならない、詐欺にあわないための10か条

自己啓発

以前、アメブロに投稿して654以上シェアされた記事。

人の心理につけこんで、現状の不満を解決するかのように導く
パチモン自己啓発セミナーや、あまりにも搾取感が漂う
自己啓発勉強会に騙されないための10か条です。

1.権威催眠にかからない。

たとえば、1億円稼いでるとか、
世界を旅してるって聞いただけで信用してしまうあなたは、
かなりかかりやすい。

しかも、その話を本人からではなく、
他人から聞いて信用してしまうのはもっとやばい。

「そもそもどうしてそれがすごいの?」
「みんながすごいと思うものが、
なぜ、私もすごいと思うと決め付けられるの?」

こう疑問を持てるかどうかが騙されないコツ。

指導者が自分好みの容姿だと、
そのまま権威催眠にかかってしまうので要注意。

手遅れになると、50万くらいはすぐに払ってしまう。
ハワイ旅行に行けばよかったと気づいても、時既に遅し。

2.「仲間」とか「つながり」という言葉を信用しない。

大抵、初期段階の集まりは”さくら”の場合が多い。
そのさくらはバックマージンや講師活動認定などの利権があるから勧誘してくる。
ピラミッド構造をつくる目的がほとんど。
催眠商法で有名なふとん商売と本質は一緒です。

3.夢を叶える??と軽々しく言う奴を信じない

夢を叶えようといってくる人は、
そのあなたから搾取して夢を叶えようとしている。

あるいは、その人が既に搾取されていて、
自分がそのサービスに投資したことを正当化するために
一緒に夢をかなえようと言って来る。

口では皆でと言うけれど、本音は自分のビジネスの為。
投資した額を回収するためです。

ピラミッドの1番上に位置する人のために
あなたは搾取されていることに早く気づけるかどうか。

4.自分らしく輝こう??は大ウソと疑え

そういっている人が、そのノウハウを伝えるだけのビジネスをしている。
そして、それを聞いた人が、同じことをしている。
しかも、どこかの認定ビジネスで得た受け売りなものばかり。

それの一体どこが自分らしいのか?

本物なら、そのスキルを使って別に輝いている。

5.良い話にだまされない

その話には必ずルーツがあり、自己啓発なら大抵は、
ユングだったり、フロイトだったり、アドラーだったり、
ミルトンエリクソンだったり、スチュワート・ワイルドだったり、
シュタイナーだったり・・必ずオリジナルがある。

表現を変えて説明している場合がほとんど。
仮に20万するセミナーなら、まずはオリジナルのルーツを知るために、
1冊本を読んでから考えるべし。
大抵は、20万も必要なく1000円程度で事足りる。

6.美味しいものを食べるのではなく、美味しく食べられるかどうか。

この能力、感性こそ、
自分にとって一番必要なものなんだと気づくこと。
隣のおじさんの何気ない一言からも学ぶことができる。

7.心だとか魂の話なら、まずは世界の宗教から、
経営なら坐辺師友、身近な経営者に学べ。

何でここに気づかない?当たり前のことです。
一番最悪なのは、経営を教えるといって、
その人が会社を設立してない場合です。
最低でも10年以上は経営者として実績のある人から
起業・経営は学ぶべし。

振込先が個人や団体の場合は、ほぼ安易に始めたニセモノです。
あなたに役立つといって講演会を企画し、
必要ない人まで誘いチケット代を搾取して、
個人団体でイベント収入を得る輩と一緒。

あなたに役立つというのは建前で、
本音は自分たちのためにやっている。
しかも、偽善者の場合、無料で宣伝を依頼し、
招待券も送らない常識はずれの主催者が多い。

8.フロントエンドに気をつける。

ほぼ間違いなく、高額搾取セミナーに勧誘される前に
お茶会や小遣い程度で参加できるフロントエンドに誘われる。
場合によっては、文化祭効果を狙ったボランティアスタッフ募集だったり、
無料セミナーという形もある。

ボクの言葉で言えば、ミスディレクション。

ただより怖いものはない。
メンタリストならすぐに気づける安っぽい仕掛けでも
普通の人はホイホイついて罠にはまってしまう。

9.混乱法にひっかからない

人には必ず、外の世界から自分を守るためのチェック機構、

「理性」があります。

たとえば、街で知らない人からペットボトルを渡されても、
通常は、

「知らない人からものを受け取らない」
「中に何が入っているかわからない」

と理性のチェックが働きます。

でも、搾取する側は、
その理性をすり抜ける方法を使います。
いくつもありますが、その1つは混乱法。

バーゲンで品物を見ているときに、

「今から10分間はタイムセールです。
 この時間内に購入された方は
 さらに20%引きにします!」

と言われると、

「本当に必要なのか?」
「もっと他にあるんじゃないか?」
「高すぎるんじゃないか?」

といった理性のチェックが追いつかなくなり、
さらに皆が次々買っていく姿を見て混乱し、
冷静な判断をやめてしまう。

結果、いとも簡単にすり抜けてしまうのです。

めんどくさくなって、「いいや」と簡単な判断をする。
その方が楽だからです。

混乱法はそこをついた催眠の手法であり、
非常に強力なため、使う人の在り方が問われます。

10.依存させる仕組みにはまらない

依存させないと言ってもそれは100%ウソ。
必ず、次のステップの勧誘がある。
自分達が儲けるためのコミュニティ作りが目的なので
できてしまえば、頂点の指導者は
1000円単位の小さなフォローアップ講座はもちろん、
細かなサービスの勧誘をしてくるのが定石です。

仲間と一緒にいると楽しい。
逆にいないと不安になってしまう。
それが「依存」商法だと気づけるかどうか。

最後に

上の10か条は、ボクに届いた相談メールのアドバイスをまとめたものです。

沢雉な方には何を今さらと思うかもしれませんが
相談者にとっては切実な問題だったようなので、
ズバリ、ストレートに伝え、催眠をといてあげました。

搾取されると、悲しいことに、
された側が今度はする側になってしまいやすいのが
自己啓発詐欺のやっかいなところです。

自分がやってきたことを正当化する為に
しかたがないのですが・・。

付き合った後に悪い男だとわかっても、
「本当はこの人はいい人なんだ」と思う心理と一緒。

結果、いやがるほどの勧誘がおきてしまう。

でも、本人は気づいていない。
むしろ、良いことをしていると思ってるから悪気はなく、
どんどんピラミッドの頂点に貢いでいくシステムができあがっていく。

すでに信者なので当たり前ですが、
これが集団催眠の恐ろしいところ。

やたら受講料が高いのはバックマージンや
利権があるケースがほとんどです。

そうやってその人は夢を叶えていく・・。

どんな世界のサービスにも相場というものがありますが
視野が狭いとわからず、搾取される側になりやすい。

「感情」「思考」「意志」のうち、
「感情」と「意志」が刺激されて、
「思考」ができてない人が多いのが特徴です。

心当たりのある方は参考まで。

Comments

コメント


ページ TOP