BLOG

ピアノの弦と心は似ている

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

ピアノ

ピアノの弦には常に20tという強大な力が加わっていて、
放っておくと、この緊張を解こうとうする働きが生じ、
弦がゆるみ、音が狂っていく。

置かれた環境や季節による温度、湿度の変化も大敵で
ピアノ本来の美しい音色を奪ってしまう。

同じように私たちの心にも、
放っておくとバランスが崩れてしまう働きや
環境、状況、人間関係が日々あります。

だからこそ、

・思考(理解)
・感情(共感)
・意思(行動)

この3つを整える「心の調律」が必要になってくる。

自分の経験も含め、うまくいかない人は、
必ずこの3つのうちどれかが欠けています。

どこを調律しているのかを意識して、
心のトレーニングをしていかないと偏ってしまう。

相手と対峙した時に、
いま動いているのは心のどの部分かを意識して考えていく。

すると、
ものすごく自分の心もそうだし、
人間関係もそうだし、
クリアに見えてきやすくなります。

クリアに見えてくると、
どうしたらいいかがわかってくるようになるのですね。

ピアノと同じように、
心も美しさ、かろやかさ、やる気を保つためには
常に3つのバランスを意識した調律が大切です。

ボクが主催している勉強会「雄風会」では、
その心の調律師になる方法はもちろん、

上司、家族、恋人など、
自分にとって大切な人と信頼関係を築くために
深いところで100%繋がる具体的な方法
(ユングが言うところの集合的無意識)

お話しさせて頂いています。

帯広や富良野など、
遠方からの参加者も多くなった雄風会。

特に女性の参加者が多くなったので、
これからは、今まで話せなかったことも
たとえば、魂の話なども、
遠慮なくどんどんしていく予定です。

雄風会は半年間、じっくり積み上げていく勉強会なので、
常時会員を募集していません。

次の募集は10月からになりますが、
もし興味のある方は、こちらから仮申し込みをして下さい。
(正式募集前に優先的にご案内いたします)

雄風会で出版を実現し、
いきなりベストセラーデビューを果たした農業経営者や
大学で講師としても活躍し、
学生からわかりやすいと高評価を得られた保険コンサルタント、
片付け空間デザイナーとして活躍の場を広げている女性など、
他にも魅力的な参加者、OBがたくさんいらっしゃいます。

どの人にも共通しているのが、
オリジナルを大切にされていること。

初対面心のリミッターを外して、こう在りたいと思う自分に近づきたい方。

初対面外の権威に合わせるのではなく、自分は自分の正規品であれ!と願う方

初対面「自分自身を拠り所に生きる」=「創造的に生きる」道を選びたい方は、

ぜひ、いらしてください。

お待ちしています!

仮申し込みはこちら

Comments

コメント

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連記事

  1. 麻生けんたろう
  2. 女性起業塾
  3. 麻生けんたろう
  4. 麻生けんたろう
  5. BIG tomorrow(ビッグトゥモロー)2017年 9月号

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanIndonesianItalianJapaneseKoreanPortugueseRussianSpanishThai

▼麻生けんたろうの最新刊

初対面も、電話も、苦手な人も どんな人の前でもあがらない話し方” width=

初対面の人と話すとあがってしまう・・・そんな悩みを持つビジネスパーソンに向けて、身につけておけば、やがて大きな武器となる聞き方や話し方のスキルを具体例を交えながらわかりやすくご紹介。今話題のスマホ世代の若者に多い固定電話恐怖症を払拭できるノウハウもギュっと詰め込みました。固定電話が苦手、初対面だとなかなか会話が盛り上がらないと悩んでいる方は是非ご覧ください。20年3月12日発売予定。(秀和システム)

『初対面も、電話も、苦手な人も どんな人の前でもあがらない話し方』

▼麻生けんたろうの無料メルマガ

「プロが教える!あと1センチ、相手の心に近づく会話術」

麻生けんたろう100人の前でも緊張しないコツや、初対面でも相手の心を開く「しゃべる技術」、聴衆の関心を惹きつけるプレゼンノウハウなど、大事な人にあと1センチ近づくコミュニケーション術を無料でお届けします。 ご興味ある方はご登録ください。






▼麻生けんたろうのリアルアドバイス

麻生けんたろうがコミュニケーションに関するあなたの悩みにズバリお答えいたします!

今すぐアドバイスを受けたい方はこちら
PAGE TOP