反対意見の対処法

しゃべる技術

ノーの場合
個別指導会員さんから、こんな質問を頂きました。

『ハプニングが起きた時に、
  注意を別なところに引きつける
  ミスディレクションというテクニック
  これは、思いつきませんでした。

  目から鱗です。

  それと、同じようなことなのですが、
  私の場合、講義をしたり、プレゼンをしたりする時に
  ハプニングが起こることがあります。
  
  例えば、自分の主張に対して、
  真っ向から反対してくる人が
  突如として表れてきた時の対策を教えてください。』

これ、ホント困りますよね。

セミナー講師の経験がある方なら1度や2度、
悩んだ事があるでしょう。
 

いきなり、一方的に否定発言をしてくる人。

います。

でも、現れてしまった以上、しかたがありません。
 
 
対処しましょう。
 

こんな時のボクの対処法は、
 

『実は、○○でも5人の方に指摘されました。
 今日はまだ少ない方ですね。』

ポイントは、まず受け入れることです。
  

「なるほど..△□とお考えなんですね」

でもいいです。

そして、すかさず質問をします。

「大阪でも5人の方に言われました。
  正直、今日はまだ少ない方かも知れません。

 どんな所が△□と考えさせるのでしょうか?」

否定意見が出たらすぐに答えてはいけません。
 

質問には質問で返すのも1つの手です。
 

これ、意外と重要です。

質問を何度か繰り返していって
徐々に相手の問題点にフォーカスしていきながら
自分の主張をしていきます。

大抵は4、5回質問していけば、
相手が自分の矛盾点に気づくことが多いです。

テレビやラジオでも、
良くインタビューで使われる
「しゃべる技術」ですね。

昔、選挙ステーションで
堀江さんと言い合いになった古舘伊知郎さんも
バンバン使っていました。

 
但し、この方法は質問者が普通の人の場合です。

そうではなく、単なるヤジだったりいいがかりの場合は、
こちらの方法が有効です。

講演、セミナー、プレゼンはもちろん、
パーティーの司会進行中には、
思いもしないハプニングが起きる事があります。

そんな時も、まずは相手を受け入れてあげて下さい。

「少し、酔いが回ってしまったようですね。
こちらでしばらくお休みください・・」
 

素直な受け入れコメントをすると、
落ち着いてその場をしのぐことができますよ。

Comments

コメント


ページ TOP