BLOG

語尾が「・・思います」ってなる方へ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

■Aさん
・「思います」…………………… 33%
・「であります」「いたします」 10%
・「です」………………………… 8%

■Kさん
・「ね」「よ」…………………… 33%
・「思います」…………………… 10%
・「です」…………………………  7%

 

これは一体何か?

以前、朝日新聞に掲載されていた非常に興味深いデータです。
実は、あるトップリーダーの言葉の締めくくり方を
比べたものなのです。

Aさんの場合、「思います」と文を区切るのが
3分1を占めていますが、
Kさんだと「思います」はわずか1割しかない。
逆に「ね」「よ」が3分1を占めている。

 

このAさん、Kさんは誰かというと、
ズバリ、

安部首相 と 小泉元首相

です。

以前にも書きましたが、
語尾はその人の印象を決めてしまうくらい
とても重要なチェックポイントです。


例えば、

「そうなんです」と短く切るのと
「そうなんですぅ~」と言うのとでは

相手に与える印象が大きく変わってきます。
私も、とにかく語尾は短くするよう訓練させられました。

長いと、子供っぽく、だらしなく聞こえ、
さらには、わかりずらくなるからです。

となると、安部首相は小泉元首相より
「メッセージが弱い」
「あいまいな感じがする」
この世論調査の結果に納得せざるを得ないでしょう。

拙著(さよなら!あがり症)にも書きましたが、
言葉は短く、メッセージを1つに絞り込めば絞り込むほど
伝わりやすくなります。

結果、多くの人に共鳴していく。

「感動した!」なんて名言からもわかるとおり
ワンフレーズを多用した小泉元首相は、
多くの国民に印象付けました。

文節で分けてみても小泉元首相は1文あたり平均4.5文節。
安部首相は9.6文節と2倍以上!

安部首相は長いフレーズで答えているのがよくわかります。

もちろん、短ければいいってもんじゃありません。

メッセージ性は強くなりますが、
逆に単純化し過ぎて説明不足になる可能性があります。

こう考えると安部首相は丁寧に長く答えているので悪くはない。

でも、語尾の3分の1が「思います」なので、
「あいまい」な印象になっているのです。

ロングフレーズだろうとワンフレーズだろうと
その人のキャラクターに合っていれば、どちらでもOK。

ただ、言葉の締めくくり「語尾」だけは気をつけましょう。

⇒ コミュニケーション研修、講演、セミナー、取材、執筆のご依頼はこちらから
⇒ オンラインサロンに参加されたい方はこちら
⇒ 秘密の勉強会に参加されたい方はこちら
⇒ 麻生けんたろうの著書はこちら

Comments

コメント

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連記事

  1. 會說話技巧套書:克服害羞輕鬆說話+零誤解說話法+開口5句話
  2. 麻生けんたろう
  3. 三省堂書店 神保町本店
  4. 麻生けんたろう
  5. 麻生けんたろう
  6. 麻生けんたろう

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanIndonesianItalianJapaneseKoreanPortugueseRussianSpanishThai

▼麻生けんたろうの最新刊

初対面も、電話も、苦手な人も どんな人の前でもあがらない話し方” width=

初対面の人と話すとあがってしまう・・・そんな悩みを持つビジネスパーソンに向けて、身につけておけば、やがて大きな武器となる聞き方や話し方のスキルを具体例を交えながらわかりやすくご紹介。今話題のスマホ世代の若者に多い固定電話恐怖症を払拭できるノウハウもギュっと詰め込みました。固定電話が苦手、初対面だとなかなか会話が盛り上がらないと悩んでいる方は是非ご覧ください。20年3月12日発売予定。(秀和システム)

『初対面も、電話も、苦手な人も どんな人の前でもあがらない話し方』

▼麻生けんたろうの無料メルマガ

「プロが教える!あと1センチ、相手の心に近づく会話術」

麻生けんたろう100人の前でも緊張しないコツや、初対面でも相手の心を開く「しゃべる技術」、聴衆の関心を惹きつけるプレゼンノウハウなど、大事な人にあと1センチ近づくコミュニケーション術を無料でお届けします。 ご興味ある方はご登録ください。






▼麻生けんたろうのリアルアドバイス

麻生けんたろうがコミュニケーションに関するあなたの悩みにズバリお答えいたします!

今すぐアドバイスを受けたい方はこちら
PAGE TOP