NEWS

表紙

新刊「人前で30分話すためのプロの実践テクニック」を発売。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

本日9月22日に同文舘出版より『人前で30分話すためのプロの実践テクニック』が発売されました。

自身12冊目となる今回の作品は、聞き手をひきつけ、わかりやすい、面白い、飽きないと感じてもらえるセミナーや講演、プレゼンが最低30分以上できるようになる本です。

「はじめて講演をすることになった。恥だけはかきたくない・・・」と悩む初心者はもちろん、「どうしてあの人が話すとみんな前のめりになるのだろう?自分が話すとシーンとしてしまう・・・」そんな悔しい思いをしている経験者に向けて書きました。

あなたが同じような悩みを抱えていれば、ぜひ読んでみてください。必ず役立つことをお約束します。

※発売中!

紀伊國屋書店の購入ページはこちら

amazon書店はこちら

楽天ブックスはこちら(楽天ポイントがある方)

TSUTAYAはこちら(Tポイントがある方)

人前で30分話すためのプロの実践テクニック

主な内容

第1章 今すぐ実感! 相手により届く魔法の公式~伝わる力が1ランク上がる「基本」編
・自分の「伝わる力」を計測し、ちょっとずつ最大化する
・緊張・不安を半分にする
・原稿を3段階でつくる    ほか

第2章 急がば回れ! まずは聞いてもらえる下地をつくる~おもしろそうと思われる「つかみ」編
・聞き手の関心、業界・属性に合わせる
・アイスブレイクを入れてみる
・疑問の先回りで話す     ほか

第3章 ドラマと同じ! 退屈させない伝え方の極意~最後まで聞いてしまう「構成」編
・「PBREP」で理解・納得してもらう
・「マルチプルアウト」でゴールを決める
・「ネストループ」で最後まで退屈させない    ほか

第4章 ラジオで培った技! パッと理解させる技術~わかりやすいと言われる「表現」編
・別の表現に置き換える
・半径5m以内の話をする
・ロジック、エモーション、トラストの3要素を含めて話す   ほか

第5章 聴衆をググッと前のめりにさせる奥の手~釘づけにならざるを得ない「演出」編
・情報ではなく体験を与える
・5分に1回笑いの要素を入れる
・聞き手の意識を1ヶ所に固定させる     ほか

第6章 勝手に変わる! 理想の未来へと行動しだす話し方~聴衆が衝動的に一歩踏み出す「暗示」編
・して欲しい行動を暗示で伝える
・聞き手の背中をポン! と押す実践ノウハウ
・ダブルミーニングを仕掛けておく     ほか

Comments

コメント

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanIndonesianItalianJapaneseKoreanPortugueseRussianSpanishThai

▼麻生けんたろうの最新刊

スピーチ・プレゼン・研修・セミナー・講演 人前で30分話すためのプロの実践テクニック

麻生けんたろうの16年間のノウハウをギュッと詰め込みました。これ1冊で、セミナーでも講演でもスピーチでも、恥をかかない程度から相手が前のめりになる話ができるようになります。初心者から上級者まで対応。18年9月22日発売。(同文舘出版)

スピーチ・プレゼン・研修・セミナー・講演 『人前で30分話すためのプロの実践テクニック』

▼麻生けんたろうの無料メルマガ

「プロが教える!あと1センチ、相手の心に近づく会話術」

麻生けんたろう100人の前でも緊張しないコツや、初対面でも相手の心を開く「しゃべる技術」、聴衆の関心を惹きつけるプレゼンノウハウなど、大事な人にあと1センチ近づくコミュニケーション術を無料でお届けします。 ご興味ある方はご登録ください。






▼麻生けんたろうのリアルアドバイス

麻生けんたろうがコミュニケーションに関するあなたの悩みにズバリお答えいたします!

今すぐアドバイスを受けたい方はこちら
PAGE TOP